37

社会福祉 第37号 1996

特集:大貫稔教授退職記念号 
販売価格:無料

目次
大貫稔教授のご退職を迎えて秋元樹
大貫稔教授経歴・業績
特別寄稿「包括的地域ケア・システムの教育と実践-保健・医療・福祉の一体化を求めて-」  大貫稔
論文
社会福祉実践とエンパワーメント谷口政隆
ソーシャルワーク専門分化におけるリハビリテーション・ソーシャルワーク ( その2 ) -ソーシャルワーカー業務の事例を通して-小山聡子
サクラメントにおけるセルフ・ヘルプ・グループメンバーの生活と意識牧野田恵美子
高齢透析者の在宅ケアの現状と課題丹野真紀子
足立区における一地域福祉活動-日本女子大学付属家庭福祉センターの学童保育と家庭児童相談活動-須之内玲子
学童保育にかかわる父母組織と地域活動田中美奈子
「基礎ゼミ」に体験的グループワークを導入した試み増野肇
国際養子縁組の最近の動向-日本の国際養子縁組の法制度化を考える-森恭子・大槻弥栄子
留岡幸助による二宮尊徳と John Ruskin 考-道徳と経済との調和を中心に-鈴木綾子
高齢者の住居改善におけるソーシャルワーカーの役割-在宅介護支援センターを例にした考察-山本美香
1996 年度 修士論文要旨
1996 年度 卒業論文題目一覧
Comments