28.29 合併号

社会福祉 第28・29号 合併号 1988

特集:70周年記念号
販売価格:無料

目次
論文
偏見意識の源を探る-古典における老い・障害・貧困等の描写から-月田みづえ
戦前の障害概念の検討-肢体不自由児の施設の処遇を通じて-高橋流里子
都市下層研究と生活構造論-拙著への書評をめぐって-中川清
占領軍進駐当時と撤退後の呉市における社会福祉の一断面-ドロシー・デッソー女史の功績と占領軍撤退後に残された母子問題を通じて高坪富美子
「被保護者全国一斉調査」 ( 厚生省 ) にみる教育扶助の状況 杉野緑
保育要求権と行政責任-真理子ちゃん訴訟を素材に-倉岡小夜
北米における家族福祉の動向について ( 2 ) -家族福祉の内容・方法を中心に-山崎道子
ソーシャル・ワークにおけるアセスメントの意義-「診断概念」と「アセスメント概念」の比較を通して-中村佐織
川崎市における児童にかかわるボランティア活動の動向に関する研究平戸るり子
在宅重度障害者の社会参加と地域社会 菊池信子
在宅痴呆高齢者に対するデイケアの意義 橋本素子・宮崎牧子
精神障害者の働く場作りとソーシャルサポート -障害者自身が運営する「ふれあいの家」喫茶店の活動-牧野田恵美子
学童保育施設におけるグループワークⅢ-グループ・プロセスと個人の成長 その 2 -田中美奈子・須之内玲子
肢体不自由児と家族から見た戦後の社会福祉資源の変遷と活用状況および支持条件増田公香
患者の自己決定のための援助― M.S.W. による治療拒否患者へのアプローチ―堤郁美
How to promote Human Rights Education in the Japanese Educational System of Social Welfare一番ヶ瀬康子

Recent Development of Social Welfare Education in Japan for Expanding Human Service Needs-Response to Enactment of the Certified Care Worker Law-

小島蓉子
座談会
社会福祉学科のむかしといま
司会 一番ヶ瀬康子
出席者 中島さつき 吉田雅子 飯田雅子 大野曜 小沢良子 原沢優美子 小山聡子
回想
社会福祉学科の 70 年を振り返って
社会事業学部の思い出 大槻たか
日本女子大学に在職して藤本武
児童福祉講座で結ばれた思い出松島正儀
七十九歳にして憶う松本武子
思い出片々五味百合子
大正後半の女子大生吉田久一
生活問題の今日的断想松尾均
20 年後の報告江口英一
日本女子大学での 35 年間―初の講演と講師依頼のこと―高月東一
社会福祉学科 23 年間の思い出田宮良子
太平洋戦争敗戦前後の学生生活吉田栄
大学紛争の思いと新学部にのぞむ吉沢英子
社会事業方法の理解―実習の難しさ―深沢里子
1987 年度、 1988 年度修士論文要旨一覧
1987 年度卒業論文題目
Comments